坐骨神経痛を早く治す5つの方法

坐骨神経痛は、坐骨神経に異常がある場合に起こる痛みやしびれです。

原因としては、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎側湾症などがあります。

このような状態では早期の治療が重要ですので、以下に坐骨神経痛を早く治す方法をご紹介します。

 

1.専門院にかかる


坐骨神経痛の原因は様々であり、適切な治療方法も異なります。

そのため、早期に専門院にかかり診断を受けることが重要です。

症状がひどい場合は『坐骨神経専門整体院』や『腰専門の整体院』など専門治療院に相談する事をおすすめします。

 

2.炎症を抑える薬の服用


痛みやしびれを和らげるために、炎症を抑える薬の服用が有効です。

炎症を抑える薬としては、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が多く使われます。

NSAIDsには副作用があるため、医師に相談してから服用することが必要です。

 

NSAIDsは根本治療ではなく対症療法なので、応急処置として使用することをおすすめします。

 

3.コルセットを装着する


坐骨神経痛の症状が強い場合、コルセットを装着することで症状を軽減できます。

コルセットは、腰周囲を締めることで腰椎や仙骨を支えることができます。

ただし長時間の着用や強く締め付けると筋力低下や血行障害を引き起こすため、適切なサイズと装着時間を守る必要があります。

 

4.適度な運動を行う

坐骨神経痛の症状が強い場合は、無理な運動は避けるべきです。

しかし痛みが少ない時は、適度な有酸素運動やストレッチ・軽い筋トレなどは痛みを緩和する効果があります。

運動は筋力や柔軟性を改善し、血行を促進するため、坐骨神経痛の改善につながります。

 

5.手技療法や温熱療法を受ける


手技療法や、温熱療法は、坐骨神経痛の症状を和らげるために有効です。

手技療法は筋肉の緊張を和らげ、血行を促進するため、痛みを軽減する効果があります。

温熱療法は、血流を改善するため、筋肉や神経に酸素や栄養を運ぶことができます。

 

以上が、坐骨神経痛を早く治す方法です。

ただし、坐骨神経痛は慢性化すると治療が難しくなるため早期の治療が重要です。

また、上記の方法はあくまでも一般的な方法であり、坐骨神経痛の原因や症状によっては適切な方法が異なるため、専門院に相談することが必要です。

 

整骨院や整体院に通っているけど坐骨神経痛が良くならないと悩んでいる方は当院にご相談ください。

おざき整体院