内反小趾の原因と画像付き解説

内反小趾は、小指が足の親指側に向かって曲がってしまう足の変形です。

外反母趾と似た症状ですが、小指に起こるものを指します。

原因

内反小趾の原因は様々ですが、主なものは以下の通りです。

  • 遺伝: 内反小趾は遺伝的な要素が強いと言われています。家族に内反小趾の人がいる場合は、発症リスクが高くなります。
  • : サイズが合っていない靴や、つま先が狭い靴を履くことで、小指が圧迫され、内反小趾になることがあります。
  • 外反母趾: 外反母趾があると、足指のバランスが崩れ、小指が内側に曲がる場合があります。
  • 扁平足: 扁平足は、足の裏のアーチが落ちている状態です。扁平足になると、足指に負担がかかり、内反小趾になることがあります。

症状

内反小趾の主な症状は以下の通りです。

  • 小指が足の親指側に向かって曲がっている
  • 小指の付け根が痛む
  • 小指の付け根が腫れている
  • 靴の中で小指が圧迫される
  • 歩くと小指に痛みを感じる

画像

治療

内反小趾の治療法は、症状の程度によって異なります。

  • 軽度の場合は、テーピングや足指の運動で改善する場合があります。
  • 中程度の場合は、装具や矯正靴で治療します。
  • 重度の場合は、手術が必要になることもあります。

予防

内反小趾を予防するには、以下のことに注意しましょう。

  • サイズが合っていて、つま先が広い靴を履く
  • 足指の運動をする
  • 扁平足や外反母趾の治療をする

参考

  • 内反小趾 - 日本整形外科学会: URL 日本整形外科学会 内反小趾
  • 内反小趾 - 足のクリニック: URL 足のクリニック 内反小趾

 

なかなか良くならない内反小趾でお悩みの方は当院にご相談ください。

おざき整体院