内反小趾のセルフマッサージ

内反小趾は、小指が薬指側に曲がってしまい、痛みや腫れを引き起こす足のトラブルです。

放っておくと悪化する可能性もあるので、早期のケアが重要です。

ここでは、内反小趾を改善するためのセルフマッサージを、画像付きで解説します。

用意するもの

  • マッサージオイル(なくても可)
  • ゴルフボール

マッサージの手順

1. 足首を回す

足首をゆっくりと回します。 clockwise 10回、counterclockwise 10回ずつ行いましょう。

2. 足の裏を揉む

親指を使って、足の裏全体を揉みます。特に、土踏まずや小指周辺を念入りに揉みましょう。

3. 指の付け根をほぐす

親指と人差し指で、小指の付け根を挟んでほぐします。

4. 小指を反らす

小指をゆっくりと反らせます。痛みを感じない範囲で行いましょう。

5. ゴルフボールを使ってマッサージ

ゴルフボールを足の裏に置き、体重をかけてコロコロと転がします。

各マッサージは、1日2~3回行うのがおすすめです。

その他、内反小趾の予防・改善に役立つ方法

  • 足に合った靴を選ぶ
  • ハイヒールを長時間履かない
  • 足指の運動をする
  • 足湯をする

これらの方法を組み合わせることで、内反小趾の改善が期待できます。

内反小趾がひどい場合や、セルフマッサージで改善が見られない場合は、専門院を受診しましょう。

おざき整体院