内反小趾を改善!簡単ストレッチで足の痛みを撃退

内反小趾は、足の親指以外の指が内側に曲がる足のトラブルです。

痛みや外反母趾などの原因にもなるため、早めのケアが大切です。

今回は、自宅で簡単にできる内反小趾のストレッチをご紹介します。

内反小趾の原因

内反小趾の原因は様々ですが、主な原因は以下の3つです。

  • 足のアーチの低下: 足のアーチが低下すると、足指に負担がかかり、内反小趾を引き起こしやすくなります。
  • 不適切な靴: サイズが合わない靴や、ハイヒールなど足指に負担がかかる靴を履くことも原因となります。
  • 遺伝: 内反小趾は遺伝することもあるため、家族に内反小趾の人がいる場合は注意が必要です。

 

内反小趾のストレッチ

内反小趾のストレッチは、足のアーチを回復させ、足指の筋肉を鍛えることで、内反小趾の改善に効果があります。

1. 足指のグー・パー運動

  1. 椅子に座り、足を床に平らにつけます。
  2. 足指をグーに握り、5秒間キープします。
  3. 足指をパーに開き、5秒間キープします。
  4. これを10回ほど繰り返します。

2. 足指のタオルつかみ

  1. 床にタオルを置きます。
  2. 足指でタオルをつかみます。
  3. タオルを足指の方へ引き寄せ、5秒間キープします。
  4. これを10回ほど繰り返します。

3. 足指の反らし

  1. 椅子に座り、片足を前に伸ばします。
  2. 足指の付け根を床につけたまま、足指を反らせます。
  3. 5秒間キープし、ゆっくりと足指を下ろします。
  4. これを10回ほど繰り返します。

4. 足指の開閉

  1. 椅子に座り、両足を前に伸ばします。
  2. 足指をできるだけ大きく開きます。
  3. 5秒間キープし、ゆっくりと足指を閉じます。
  4. これを10回ほど繰り返します。

 

ストレッチを行う際の注意点

  • 無理に力を入れず、ゆっくりと行いましょう。
  • 痛みを感じたら、すぐに中止しましょう。
  • 毎日続けることが大切です。

 

まとめ

内反小趾は、早めのケアで改善することができます。

今回ご紹介したストレッチを参考に、ぜひ日々のケアに取り入れてみてください。

おざき整体院