足底筋膜炎の原因と症状:画像付き解説とブログ記事紹介

足底筋膜炎は、足のアーチを支える足底筋膜と呼ばれる組織に炎症が起こる疾患です。歩行やランニング時にかかとや足の裏に痛みを感じるのが特徴です。

原因

足底筋膜炎の原因は様々ですが、主に以下のものが挙げられます。

  • 過度な運動: ランニングやジャンプなどの運動を長時間行うことで、足底筋膜に負担がかかり炎症が起こります。
  • 不適切な靴: サイズが合っていない靴や、足アーチをサポートしていない靴を履くと、足底筋膜に負担がかかります。
  • **足の形:**扁平足やハイアーチなどの足の形状異常は、足底筋膜に負担がかかりやすくなります。
  • 加齢: 足底筋膜は年齢とともに柔軟性が低下し、炎症が起こりやすくなります。
  • 肥満: 体重増加によって足底筋膜にかかる負担が大きくなります。
  • 糖尿病: 糖尿病患者は足底筋膜炎を発症しやすいと言われています。

症状

足底筋膜炎の主な症状は以下の通りです。

  • かかとや足の裏の痛み: 朝起きたときや、歩行開始時に痛みを感じることが多いです。
  • 足アーチの痛み: 足アーチを支える足底筋膜が炎症を起こすため、アーチ部分に痛みを感じます。
  • 足の疲労感: 長時間歩いたり立ったりしていると、足が疲れやすくなります。
  • 足底筋膜の硬化: 足底筋膜が硬くなり、足のアーチが低下することがあります。

画像

足底筋膜炎の画像をいくつか紹介します。

足底筋膜

足底筋膜炎の痛み

足底筋膜炎のレントゲン写真

足底筋膜炎のレントゲン写真の画像

参考資料

免責事項

この情報はあくまで参考情報であり、専門的な医療診断や治療に代わるものではありません。足底筋膜炎の疑いがある場合は、医師に相談してください。

おざき整体院