外反母趾の特徴的な5つの症状

は、足の親指の関節が変形することで起こる症状です。この症状には、以下のような特徴があります。

1. 親指の付け根が腫れる


外反母趾は、足の親指の付け根にある関節が変形することで起こります。

このため、親指の付け根が腫れて、痛みや違和感を感じることがあります。

 

2. 親指の角度が変わる
外反母趾の主な特徴は、足の親指が内側に曲がってしまうことです。

そのため、親指の角度が徐々に変わり、歩行時に痛みを感じることがあります。

 

3. 靴が合わなくなる


外反母趾の進行により、足の形状が変化するため、靴が合わなくなることがあります。

特に、先の細い靴や高いヒールを履く場合、痛みや圧迫感を感じることが多いです。

 

4. 足の外側に骨のこぶができる
外反母趾の進行に伴い、足の外側に骨のこぶができることがあります。

このこぶを「外反母趾骨隆起」と呼びます。

骨が盛り上がることで、痛みや圧迫感が強くなることがあります。

 

5. 歩行時に痛みを感じる
外反母趾は、歩行時に痛みを感じることが多いです。

特に、足の外側に骨のこぶがある場合、靴の摩擦によって痛みや跳ね返りが強くなります。

 

外反母趾は、年齢や遺伝的要因、生活環境などが影響します。

症状が進行する前に、正しい靴を履いたり、トレーナーに足の運動を指導してもらったりすることが大切です。

 

外反母趾は進行する前に対応すると早く改善する可能性が高いです。

外反母趾でお悩みの方は当院にご相談ください。

おざき整体院