外反母趾と扁平足:足のアーチが招く足のトラブル

外反母趾と扁平足は、足の形や機能に影響を与える足のトラブルです。

 

一見、別の症状のように見えますが、実は密接な関係があることをご存知でしょうか?

 

このブログでは、外反母趾と扁平足の関連性について、イラスト付きで詳しく解説します。

 

1. 土踏まずの役割:衝撃吸収とバランス維持

足裏には、縦と横のアーチ(土踏まず)が存在します。

これらのアーチは、歩行時の衝撃吸収やバランス維持、足の筋力強化などに重要な役割を果たします。

 

2. 扁平足:アーチの低下による足のトラブル

扁平足とは、土踏まずが低下し、足裏が平らになった状態を指します。

アーチの低下は、足にかかる負担を増加させ、外反母趾や足底筋膜炎などのトラブルを引き起こす可能性があります。

 

3. 外反母趾:親指の変形と痛み

外反母趾は、親指が内側に曲がり関節が突出する症状です。

扁平足によって足全体のバランスが崩れ、親指に過剰な負担がかかることで起こります。

 

4. 外反母趾と扁平足の悪循環

外反母趾になると、さらに足アーチが低下し、扁平足が悪化する可能性があります。

これは、外反母趾によって足の筋力が低下し、アーチを支える力が弱くなるためです。

 

5. 外反母趾と扁平足の症状

■足の痛みや疲労感
■親指の付け根の腫れ
■足のアーチの低下
■歩行時の違和感
■靴が合わない

 

6. 外反母趾と扁平足の改善・予防

■足の筋力トレーニング
■土踏まずをサポートするインソールの使用
■適切な靴の選び方
■扁平足・外反母趾専門医療機関の受診

7. まとめ

外反母趾と扁平足は、互いに影響し合う足のトラブルです。

早期に適切な対策を講じることで、症状の改善や悪化予防に繋がります。

このブログ記事が、足の健康維持に役立つ情報になれば幸いです。

おざき整体院