外反母趾と自律神経系失調症の関係【京都市中京区 おざき整体院】

外反母趾と自律神経系失調症の関係は、近年注目されています。

外反母趾は、足の親指が内側に曲がり、親指の付け根が突き出る症状です。

自律神経系失調症は、自律神経のバランスが乱れ、様々な症状が現れる病気です。

外反母趾が自律神経系失調症を引き起こすメカニズムは、いくつか考えられています。

  • 足裏の負担: 外反母趾になると、足裏のアーチが崩れ、足裏全体に負担がかかります。この負担が、自律神経を刺激し、バランスを乱す可能性があります。
  • 体の歪み: 外反母趾によって、骨盤や背骨が歪むことがあります。体の歪みは、自律神経の通り道である背骨を圧迫し、自律神経の働きを阻害する可能性があります。
  • ストレス: 外反母趾による痛みや不快感は、ストレスの原因となります。ストレスは、自律神経のバランスを乱すことが分かっています。

 

外反母趾と自律神経系失調症の症状は、以下の通りです。

  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 動悸
  • 息切れ
  • 便秘
  • 下痢
  • 不眠
  • イライラ
  • 倦怠感

 

外反母趾と自律神経系失調症の治療は、それぞれの症状に合わせて行われます。

  • 外反母趾: 装具療法、運動療法、手術療法など
  • 自律神経系失調症: 薬物療法、心理療法、生活習慣の改善など

 

外反母趾と自律神経系失調症の予防には、以下のことが大切です。

  • 正しい靴を選ぶ: 足に合ったサイズの靴を選び、足に負担がかからないようにする。
  • 足裏のマッサージ: 足裏をマッサージすることで、血行を促進し、筋肉の緊張をほぐす。
  • 適度な運動: ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を定期的に行う。
  • ストレス解消: ストレスを溜めないように、趣味やリラックスできる時間を持つ。

 

外反母趾自律神経系失調症は、どちらも早めに治療することが大切です。

症状にお悩みの方は、早めにご相談くださいね。

おざき整体院